汗腺を破壊する超音波吸引法によるわきが治療

クリニックで受けられるわきが治療の中に切除法と言うものがあります。わきがの原因となる汗腺ごと取り除くと言う治療法です。再発し難いと言うメリットがある代わりに5センチほどの傷跡が残ると言うデメリットがあります。そんな傷跡が気になる方に魅力なのが超音波吸引法によるわきが治療です。

超音波吸引法とは

超音波吸引法によるわきが治療では超音波を照射して汗腺を破壊しています。破壊するだけだと体内に残るため、その後に吸引して除去しています。傷跡が2ミリから4ミリと小さいために目立たない、翌日からシャワーに入れるため日常生活にも困らない、治療時間が短い、患者さんへの身体的負担が軽いなどいろいろなメリットがあります。

軽度なわきがに向いている治療

その代わりに完全に汗腺を取り除くのが難しいため、再発することがあります。再発しても気にならないレベルではありますが、気になるときは再治療が必要です。重度なわきがだとニオイが取り切れないことがあるため、比較的軽度なわきがに向いている治療となっています。

保険で受けられるかどうか

超音波吸引法によるわきが治療は自費診療になるか保険診療になるか微妙なところです。超音波吸引装置は高価なため、保険不適用になるクリニックもあります。保険適用だと3割自己負担で5万円ほどの治療費で受けられることがあります。分からないときはクリニックのカウンセリング時に質問してみて下さい。ホームページに記載するクリニックもあります。