最先端のわきが治療「ビューホット」とは?

従来、わきが治療は多汗症治療が主流でした。皮膚にメスを入れて汗腺を切除する方法です。ですが、この方法ですと術後しばらくワキを動かしてはいけませんし、入浴にも制限があります。また外科手術ですので傷も残ってしまい、せっかく臭いは消えたのに今度は傷跡が気になってしまったりする方もいらっしゃいます。
そこで、新しい治療法が生み出されました。高周波治療により汗腺を小さくし臭いの元を断つ方法です。細い針を皮膚下に刺し、そこから高周波を出し臭いの原因のアポクリン汗腺を凝縮させるのです。約80度の熱を放射するのですが、クーリングプレートにより同時に冷却するのです。これにより、熱による皮膚の火傷を防ぎながらアポクリン汗腺に直接熱を与える事ができるようになりました。施術時間も大幅に短縮され、外科手術では2時間近くかかったのに対しビューホットの場合は20分足らずで治療が終わります。また、皮膚を切らないため傷が残るようなこともありません。術後に制限されていた入浴も自由に出来ますし、組織がくっつくまで固定する必要もありません。まさにいいことずくめです。
気になるお値段ですが、30万円くらいかかります。これを高いととるか安いととるかは人によるとは思います。今までワキガに悩まされてきた方は普段から周りの目を気にして、随分気を使ってこられたことと思います。その苦しみから永遠に解放されるのだとしたら決して高いお値段ではないのではないでしょうか。