すそわきがを改善するための手術、超音波吸引(治療)法とは

現在ではわきがだけでなく、すそわきがの根本治療として、手術を行うという方法があります。すそわきがの解消のための手術はいくつかありますが、その中の超音波吸引(治療)法について述べていきます。

超音波吸引(治療)法

超音波吸引(治療)法とは、陰毛が生えている上部を数cm切開し、そこから超音波メスを差し込み、アポクリン汗腺を破壊していきます。そして破壊された組織を吸引することによって、すそわきがを改善する手術のことを指します。

超音波吸引(治療)法のメリットとは

超音波吸引(治療)法のメリットとして、手術時間が短く済むため、入院の必要のない手術となります。また価格はその他のすそわきがの手術法に比べ安価です。傷口も小さく目立ちにくいとされています。

超音波吸引(治療)法のデメリットとは

超音波吸引(治療)法のデメリットとして、超音波メスにより、皮膚が火傷してしまい水ぶくれが出来てしまうことがあります。また、全てのアポクリン汗腺を破壊出来ていない場合もあり、その場合はすそわきがが完全に改善されない可能性もあります。

おわりに

超音波吸引(治療)法には、手術によるメリット、デメリットがあります。しかし、手術後、デメリットが発生する事態になったとしても、かなり高い確率ですそわきがによる臭いは軽減されるでしょう。
ご自身の臭いのレベルや対処法を見極めることが大切です。